自分がHSPだと分かったら、どうしたらいいか?

HSPによる症状の改善・生きづらさ克服の為に必須となる考え方

悩みを抱えている人が『hsp』というものの存在を知った時、主に2タイプの反応に分かれます。

  • 今の状況からどうしていけば良いのか考える人
  • hspである事をある意味で言い訳にする人

大切なのは前者「どうしていったら良いか?」を考える事です。

なので、ちょっとキツイ言い方になりますが、このページは

  • 自分がHSPだという確認する事で安心したいだけの方
  • 何かにつけ「hspだから・・・」とHSPである事をある意味で良い訳にして、結局何もしたくない、対処するつもりがない方

こうした方には向いていません。

(念の為に言っておくと、そうした生き方が悪い訳ではないし否定するつもりもありません。ご自身が納得していれば、それはそれで結構な事です)

それを前提として、今の状況に対処していくには2段階での捉え方が必要です。

まず、自分の悩みや症状がHSPによるものだと知る事(自分がHSPだと分かる事)それが第一段階。

その上で、そこから先、つまりHSPだと分かった後で具体的にどうしていくかを、個人の状況レベル(悩みの出方や程度、いる環境など)に応じた対処をしていく事です。

なぜ個人レベルでの考え方が必要なのかと言うと、HSPに基づく悩みは、一口に「HSPだから」というだけでは捉えられない「個人差の幅」が大きいからです。

個人ごとの悩みに沿った「個人ごとの答え」を見つけていかなければいけないんですね。

気質と悩みは切り離せます

気質と悩みは決してイコールではありません。

切り離す事ができるんです。

その為に必要な実践レベルの考え方や対処法は、既述の通り「悩みの内訳(個人の状況や程度)」により千差万別ですが、あなたの場合にどうしたらいいか?を、症状の出方や今の環境に即して個別的に回答します。

 

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。