メンタルブロックの本当の正体とは?

『メンタルブロック』の本当の姿を教えます

メンタルブロックとは何か?一般的な説明ではこう説明されます。

人間が何か行動等を起こす場合に、出来ない、ダメだ、無理だと否定的に考えてしまう思い込みによる意識の壁、あるいは抑止・制止する思考のこと。

(コトバンクより)

この説明の通り「メンタル=心の ブロック=障害物」という事で、自分の心の中に「何か」があって、それが様々な事を阻害している・・・。

「その何か」

例えば、マイナス思考なネガティブ感情などがメンタルブロックなんだと思いますよね?

これ、分かりやすい説明ではあるんですが、実はこれだけではメンタルブロックについて正確に知る事ができません。

メンタルブロックを「解除する」とか「外す」という表現を使っているので、心の中に「阻害している障害物のような何か」がある様に思われるのも仕方ないんですが、本当はそうではないんですよ。

(一般的にはあまり言われていませんが、マイナスな思考がダメな訳ではありません。むしろこのマイナス思考やネガティブがブロックを外す上でとても重要になってきます・・・)

メンタルブロックの正体を知る為の3つのキーワード

まず結論から言いましょう。

メンタルブロックの正体とは、

  1. あなたの潜在意識の中にある「隠れた信念」
  2. そして、その信念が作りだす「無意識のパターン」
  3. それらと「顕在意識上の思考とが相反している」

この3つが揃っている「心の状態」の事です。(1と2を一緒にしちゃう場合もあります)

これらが揃う結果、あなたの行動に制限がかかったり、逆に暴走したりする。

とは言え、いきなりそう言われても「??」となってしまいますよね?

なのでとりあえず、メンタルブロックは「心を構成している2つの意識※ 顕在意識と潜在意識の力が一致していない、チグハグになっている状態の事だ」と考えて下さい。

(※意識の階層をより細かく説明する場合もありますが、このページではとりあえず2つで説明します)

顕在意識と潜在意識の不一致

あなたの思考に反する動きを、他ならぬあなた自身の心がしてしまっている・・・。そんな心の状態を指して、メンタルブロックがあるといっている訳ですね。

この部分を理解していないと、従来の「単に心の中に障害物があって、あなたの動きを制限している」といった趣旨の解説だけでは説明しきれない現象が出てきます。

  1. 行動へのアクセルが抑制できないケース
  2. 行動へのブレーキがかかってしまうケース

メンタルブロックの例1.行動へのアクセルが抑制できないケース

止めようと思っているのに止められず、アクセルがかかってしまうケース。

例えば、ダイエットしなきゃと思っても、甘いものや食事をセーブできずに食べ過ぎてしまう、悪い習慣が止められないなど。

こうした事に代表される、コントロールしようと思ってもどうしてもコントロールできない、ブレーキではなくアクセルとして強力に働いてしまうのもメンタルブロックによるものです。

悪い癖が止められなかったり、止めてもすぐ元に戻ってしまうケースはまさにこれに該当します。

勿論、行動を制限するタイプのメンタルブロックもあります。

一般的にはこちらを想定されるケースが多いので、以下の例は比較的分かりやすいと思います。

メンタルブロックの例2.行動へのブレーキがかかってしまうケース

一生懸命仕事をしたいと思っているけど、行動できずに時間ばかり過ぎていってしまう。どんなに事前に意気込んでも、いざとなると後ろ向きな気持ちになってしまう。

行動に対してブレーキがかかってしまうケース。

この様に、状況によってアクセルやブレーキが勝手に発動してしまい、それを自分でコントロールできない状態にある事を「メンタルブロックがある」というのです。

これが最も分かりやすい、そしてとらえやすいメンタルブロックの姿です。

メンタルブロックは「潜在意識の中にある」のではありません

メンタルブロックに関してよくある誤解が、「ブロックは潜在意識の中にある」というもの。

その潜在意識に影響を与える様々なワークを受けて、効果が出ないと言っては様々なセラピストを巡る人ってよくいます。

で、そういう人ほど何をやっても効果が出ない=メンタルブロックが外れない。

それは何故かと言うと、潜在意識にばかり注目しているから。変わらない原因は、主に潜在意識の中だけにあると思っている事です。

勿論、ブロックを構成するものの1つに、潜在意識の中にある

「信念や価値観(あなた自身で気づいていない隠れたものも多くあります)」

があり、そういう意味で言えば潜在意識の中にあると言えなくもないですし、それら信念自体をメンタルブロックを考えても完全に間違いとは言えない部分もあります。

しかし、それらの信念が一見ネガティブな内容のものだったとしても、実はこれ自体に良いも悪いもなく、これが単体でメンタルブロックとして働く訳ではありません。

メンタルブロックを理解する最大のポイントは、「潜在意識内の信念と顕在意識上の思考が一致していない」点なんです。

顕在意識と潜在意識が一致していない・・・。

その状態の結果として、あなた自身やあなたを取り巻く現状にチグハグな事が起き、それを自分の意識(努力)では解決できない・・・。

だから、たとえ潜在意識の中の隠れた信念がネガティブな内容のものであっても、顕在意識上の思考がそれに反しないものであれば、少なくとも本人の中では問題は起きない。

つまり、潜在意識の中にある信念=メンタルブロック、とはならない訳です。

信念はあくまでもブロックを構成するパーツの1つであり、顕在意識との関係ではじめてメンタルブロックとなるんですね。

ここをしっかり理解できてはじめて「メンタルブロックの解除」だけでなく、その無効化と更に力に変えていく「推進力化」の流れが理解できる様になるんです。

メンタルブロックと生きづらさの関係

あなたは恐らく何かの悩みがあってこのページに辿り着いているものと思います。

「ブロックさえ外れれば、問題が解決するだろう」と。

それは、半分アタリで半分ハズレです。

個々のブロックを生み出す大元の構造「生きづらさの根っこ」と「生きづらさを生み続ける=ブロックを生み続けるシステム」があなたの心に存在し、それを知らずにブロックを外そうと思っても(その場では上手く外れたように思えても)、また同じようなブロックが生まれる事になります。

これまで、

  • メンタルブロックの解除、解放
  • 潜在意識の書き換え、浄化

といったワークを受けても効果が出なかったりすぐに元に戻ってしまった方へ。又は、

  • なぜ、潜在意識の中に、自身にマイナスとなる信念が入ってしまうのか?
  • どうすれば潜在意識に入った信念を変えられるのか?

の具体的なステップを知りたい方へ。

お力になれます。

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。