離婚、不倫、夫婦仲について、心の悩み相談をしたい人、した方がいい人へ

「状況が変わります」「昔のラブラブだった状態に戻ります」

こう言われた時、あなたの心が揺れ動くなら、あなたがすべき相談は離婚の為の相談でもなければ法律相談でもありません。

実は、ほとんどの夫婦は”まだ”関係を修復できます

別れる前提で法律論争や相談をしない方が良いんです。

法律論争や別れる為の相談というのは「弁護士さんへの相談」や「離婚カウンセラーさんへの相談」

そうした相談サービスと、関係を修復する為の相談の違いがあります。

弁護士や離婚カウンセラーが行う相談と当セッションとの違い

弁護士への相談の特徴

離婚を決意した訳じゃない(又は相手から求められているけど、自分はそう考えていない)から弁護士に相談するのも少しピントがずれていると思う・・・。

そう考える方は少なくありません。

実は弁護士へは、離婚の意思が明確でなかったり、実際に離婚の争いになっていないと相談ができない類のものなのです。

事実、弁護士の中には「離婚に関して争う決意をしていなかったり、実際に争いになっていない事案でのご相談はお断りしています」と明確に線引きしている方もいらっしゃいます。

ただ、これはしょうがない事だと言えます。

何故なら、弁護士さんの職務は法的な相談や手続きですので「離婚したいかどうか本心が分からない、又は修復したい、自分の気持ちを整理したい」といった要望には応えらず、悩み相談をされても力を発揮できないわけですね。

ですから、弁護士さんへ相談した方が良い人は「離婚を決意した人」「もう気持ちが翻らない人」です。

離婚カウンセラーへの相談の特徴

離婚カウンセラーへの相談一番の問題点は、単純に話をするだけ、説教じみたアドバイスの様なものを一方的に聞くだけに陥りがちという事です。(勿論、全てのケースではないでしょうが、私のこれまでの経験上、こうした事は珍しくないと感じています)

特に離婚カウンセラーと称している方々は(勿論これも全員ではないでしょうが)、自身の離婚経験等を糧に活動しており、その価値観の中でお話をされる方が多い様に感じています。

その為、なかなか自分がしたい話ができず、カウンセラーの価値観に基づく説教じみたアドバイスのような話を一方的に聞くだけで時間が過ぎていったり、有益となるアドバイスをあまりもらえず、ただ話をしに行っただけとなってしまうケースを、私のクライアントさんからも多く伺っています。

又、NPO等の機関が解説している相談窓口に行っても「それは大変ですねぇ、もう一度ご夫婦でじっくり話し合われたらどうですか?」などと言われるだけで行った意味がなかったと仰られる方も少なくありません。

離婚カウンセラーへ相談した方が良い人は「相談をする、話を聞く事で離婚への気持ちを確かめていきたい方」ですね。

本当は離婚したくない、状況が変わるんならそうしたいとお考えのあなたへ

当オフィスではご相談者さんの状況がどんな状況であってもお受けします。

(セッションを通じて、本当はどうしたいか?どうすべきかといった、相談者さんの中での答えが見えてくるからです)

特に、漠然と離婚を考えている、または既に離婚に向けて動き始めてしまっているが、「もし、元サヤに戻れるならそうしたい」という方へのセッションを得意としています。

実際に状況は動いていきます。

ハッキリ言えば、ほとんど夫婦はまだ仲を修復できるんです。

諦めなくていいんなら諦めたくない。心の奥底にそうした気持ちが残っているなら、当オフィスのセッションがお力になれます。

ほとんどの夫婦関係はまだ改善&修復できる

 

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。