気疲れのしやすさを改善、解消する

HSPの悩みの1つの特徴として「気疲れしやすい」が挙げられます。

これは体力的な問題やどうしようもない事だと諦めがちですが、改善させていく事ができます。(個人差と悩みの程度次第ではありますが、その結果としてまるっと解消させる事も十分可能です)

そもそもHSPの気疲れの原因は、過敏な気質によって得てしまう「過多な情報」の処理により大きな負荷がかかってしまうためで、主に精神的=脳的なもの。

HSPの人は、五感だけでなく自身の内側からの情報や感覚をキャッチするアンテナが大きくかつ感度が高いです。

その為、非HSPの人が捉えないレベルの情報や感情すらもしっかり受け取ってしまい、それを処理しようとしてしまう事による徒労感が正体なんです。(勿論、その処理は無意識にやっているんですよ)

なので、そうした情報への過敏な処理傾向を鎮めていく。

そんな事できるのか?と思われるかもしれませんが、心理療法、催眠療法、エネルギー心理学などの各手法からHSPの悩みに特化させたワークを実施していく事で、情報への過感受性をあなた本来の最適な状態に整えてあげる事でそれが実現できるんです。

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさを解消します。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。