HSP特有のセルフイメージの悩みを改善、解消する

必要なのは「強い自己否定、低い自己肯定感、漠然とした自己卑下」の好転

HSPの悩みの発症原因の1つは、3歳までの幼少期(10歳程度までという説もあり)に、ネグレクトや過干渉など、親に愛されていると感じれる経験がないまま育つ事にあります。

親から愛されていないと思い込んだまま成長すると(特にHSP気質は物事を敏感にかつ深く捉える為、非HSPであれば気にも留めない様な事柄にも傷ついたりします)、自分は人から愛される価値のない存在だとの信念が潜在意識の中に入ってしまい、

自分なんか・・・

と日常的に自分の存在を過小に評価し、自己肯定感が低く、場合によっては自己否定感を持ったまま大人になってしまいます。

(これはHSPの特徴の1つでもある自己の気持ちの境界が薄い点にも繋がります)

人と健全な関係を築く為にはまず、個を確立する為、自分で自分を認めるという「自己肯定感」がベースになければいけませんが、それがなく、自己と他人との境界も薄い為に対人関係の悩みも持つようになってしまいます。

ですからまずは、あなたの潜在意識の中に『どんなな内容のセルフイメージに関する信念があるか?』を明らかにし、それを書き換えていく事で

  • 自己否定を無くす
  • 自己肯定感を持てる

このようにセルフイメージを好転させていきます。

気質を調整&最適化する事でhsp由来の悩みは改善、解消できます

気質を調整するワークで本来の正しい状態(バランスの取れた状態)に戻すと、気質由来の悩みは軽減、改善、解消していきます。

ラジオのチューニングが最適な状態から大きくずれている為に大きいノイズが聞こえているような状態。hspだと、そのチューニングがちょっとした事でずれやすいのです。

そのチューニングを最適な状態に戻していく心理施術、メンタルワークがあります。

今の自分の悩みが気質から来ていると感じているあなた、余力のある内にご相談下さい。