HSPとは何か?

HSPとは『敏感すぎる気質』を生まれ持った人のことです

HSPとは、ユング派の心理学者、エレイン・N・アーロン博士が自身の経験と調査に基づいて提唱した心理学的概念で、Highly sensitive person 日本語で言う所の『敏感すぎる人』という意味の言葉です。

生まれつき、

  • 周りの環境や出来事
  • 他人の感情

などに敏感に反応&共感できる(場合によってはマイナスに引っ張られてしまう)気質を持った人の事を指します。

端的にまとめると、

他の人に比べて、生まれつき共感力が高く、繊細で敏感な気質を持った人

がHSPであると言えます。

HSPは国籍や性別を問わないのは勿論、人間以外の哺乳類等、約100種に至り、その種の総数に対し15~20%存在している事も研究で明らかになっています。

更に、HSP気質を持つ人の多くがその気質を上手くコントロールできずに、息苦しさや生きづらさを感じている点も大きな特徴です。

関連ページを詳しく見る

気質を調整&最適化する事でhsp由来の悩みは改善、解消できます

気質を調整するワークで本来の正しい状態(バランスの取れた状態)に戻すと、気質由来の悩みは軽減、改善、解消していきます。

ラジオのチューニングが最適な状態から大きくずれている為に大きいノイズが聞こえているような状態。hspだと、そのチューニングがちょっとした事でずれやすいのです。

そのチューニングを最適な状態に戻していく心理施術、メンタルワークがあります。

今の自分の悩みが気質から来ていると感じているあなた、余力のある内にご相談下さい。