世代間連鎖トラウマについて

親や祖父母や遠い先祖が完結させず、答えを見いだせなかった状況や問題の影響を、自分が受けていると、わたしは強く感じる。

家族の中に、個人を超越したカルマが存在し、親から子へと伝えられていくかのようだ。

カール・G・ユング(精神科医・心理学者)

そのトラウマ(心的外傷)は世代を超えて伝わる

「トラウマ」というと、一般的にはその人が経験した出来事が原因で起こるもの。

しかし、このトラウマの中には、あなたの親や祖父母といった先祖が抱え、未解消のままになっているものがあなたに伝わって現れているものがあるのです。

それが世代間連鎖トラウマ

世代間連鎖トラウマとは、トラウマの症状(狭義の心的外傷のみならず、強いショック、ネガティブな経験や症状そのものも含む)が、それを経験した張本人だけでなく、あなたを含めたその子孫にも現れてくるもの。

元々の事象には全く関係ない(その時点では生まれていない)子孫に現われてきます。

経験則的に「世代間を伝達するトラウマがある」と主張していた一部の心理療法家達がいましたが、近年になってその主張が科学的に裏付けされ始めてきました。

子孫からすれば、その症状が起こる原因に心当たりが全くなく、その為に対処を試行錯誤し、疲弊する事になる訳です。

その苦しみ、あなたのせいではありません

あなたに今、理由やきっかけのない苦しみ、ずっと消えないネガティブな思考が現れているなら、それはあなたの先祖が抱えて未解消のままになっていたトラウマがあなたに伝わって起きている可能性があります。

その症状は精神的なもの(例えば漠然とした不安感、焦燥感、うつやパニックの症状など)だけではく、身体的なもの(特定の部位の痛み)など様々。

(要は何が伝わっているか?による訳ですね)

あなたに原因がないのですから、一般的なセラピー手法で「なぜ?」「何が原因?」と、いくら内面を深掘りした所で答えは出ません。

あなたが弱い訳でも怠けている訳でもありません。どうしようもなかった、捉えられなかっただけです。(例えるなら、野口英世博士が当時の顕微鏡では見る事の出来なかった病原体を探していたようなもの)

そこで次のページでは、あなたに現われている症状が世代間トラウマによるものか否か?その基本的な特徴と判断ポイントを解説します。

世代間連鎖トラウマの特徴と捉え方

 

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。