セックスレスの状況を極力早く解消した方が良い理由

夫婦関係のいざこざは、最終的にセックスの悩み、セックスレスの問題に行き着く。

逆に言えば、セックスに関して何がしかの問題を抱えている夫婦は、たとえ顕在化していなくとも、他の問題も密かに抱えていると思って差し支えない。

(小澤 祐介)

どうしてもセックスレスの状況が動かない時、その「顕在化していない問題(又は、本当はうっすら気づいているけど目を背けている問題)」にフォーカスする事で、それに引っ張られる形でセックスレスが解消していきます。

不思議ですよね?

勿論ケースによりますので、直接セックスレスの問題そのものにフォーカスした方が良い場合も多いですが、セックスレスを改善解消するにあたって、必ずしも本体に触れる必要はないという事ですね。

何をしていくのか?

どうアプローチしていくのか?

これらについても、ケースごと(夫婦ごと)に、それこそ180度違ってくるので、イチ対処アプローチを一概にパターン化する事はできませんが、セックスレスが解消しない事で以下の2つの問題が関連して引き起こってきます。

1.顕在化していなかった問題が顕在化する

ガマンして抱え続けていたもの、目を背け続けていたものが限界を迎え、漏れ出したと言った方が良いかもしれません。

2.セックスレスの状況が固定化する

セックスレスの状況が少しずつ悪化していき、その状態でキープされてしまい、動かすのが困難になっていきます。

だからこそ、極力早い段階で状況を変えていく為の手を打つ必要がある訳です。

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。