9割の人が勘違いしている、好転反応についての最大の誤解

この好転反応。かなり偏った(ハッキリ言えば間違った)説明や、クライアントを故意にミスリードしようとしているセラピストの記述を多く見受けます。

好転反応全般に言える事ですが、この反応には個人差がある事と、同じ様な内容でのセッションをしても必ずしも似たような反応が起こる訳ではありません。

(なぜそうなるかについては、事例を踏まえてメルマガで配信したりしていますので、是非、メルマガをご購読下さい)

まずそれを分かったうえで以下の説明を見て下さいね。

好転反応について一番の誤解

あなたは、「好転反応が出れば、その後で自分が望む様な変化が起こる」って思ってません?

・・・。

実は違います。

ここが好転反応に対する一番の誤解。

好転反応は、行ったワークに対して、何らかの反応が出ている証拠ではありますが、必ずしもあなたが望む変化が起きる前兆現象という訳ではないって事。

ワークそのものに心身が反応しているというだけで、あなたが望む変化が出る事とイコールではない点を分かっておく必要があります。

よくあるのが、「好転反応が出たから、願いが叶う前駆だと早合点して、そのまま放置して結局そこから先なにも起きなかった」そんなケース・・・。

思い当たっている人も多いんじゃないでしょうか?

ケースによっては、出た反応をきっかけに更にワークを進めていく指針として使わなければいけない場合もあるんです。

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。