外から知識を持ってくる必要はありません。今あなたの中にあるもので考えれば良いだけです

僕らは奇跡でできている第1話より

「シマウマは、どうしてこんなにキレイな白黒の縞になっていると思いますか?これを1人ずつ発表してもらいます」

「もう少し調べる時間が欲しいです」

「調べなくて大丈夫です。外から知識を持ってくる必要はありません。今あなたの中にあるもので考えれば良いだけです。

皆さんが考えている事を、皆さんの言葉で知りたいです」

~~~~~

「結局、正解は何だったんですか?」

「正解?・・分かりません」

「はっ?分かんね~ならやらせるなよ・・・」

ゆうすけ的 解説

特に自己肯定感が低い方に顕著なんですが、何かを考えたり行動したり主張したりする際、「正しい何か」「周りと違わない何か」に寄りがちです。

その代表的なものが、自分の言動と模範解答とを比較するというものです。

つまり、自分がどう思うか?自分はどうしたいか?が軸になっておらず、他人軸が中心になってしまっている訳です。

他人の意見は重要ですが、他人を尊重する為には、まずその前に自分の意見を尊重しなければいけません。(自分を尊重し大事にできない人間が、本当の意味で他人を尊重する事はできないでしょう)

ですから、正解云々は二の次として、まず自分の意見を持っておく必要があるんです。

自分の意志、つまり自分軸がしっかりしていてこそ、はじめて自分と他人との境界を意識して線引きができる様になるんですね。

投稿者プロフィール

ゆうすけ
ゆうすけ潜在意識とメンタルブロックの専門家
大学在学中に行政書士資格を取得し、卒業を待たずに事務所を開業。

業務を行う傍ら、2013年頃より、元々は自分の為に学んだ「心理療法、催眠療法、ヒーリングワーク、エネルギーセラピー」等、複数の領域に渡るメンタルワーク手法を掛け合わせ、潜在意識とメンタルブロックの観点から、今まで様々な方法を試しても変わらなかったり変化があってもすぐ元に戻ってしまった状況の好転に特化したセッションを行う。

詳しいプロフィールはこちらから