HSPを理由に心療内科や精神科を受診しても意味がありません

改善どころか、誤診などでより状態が悪くなります

HSPによって起こされる症状に悩まされ(HSP気質を知らないあまり)、精神科や心療内科の診察にかかる人も一定数いらっしゃいます。

しかし、別のページ(HSP診断ページ)でもお教えした通り、HSPは日本の精神医学会では概念そのものが無視されています。(厳密に言えば、無視せざるを得ないというところです)

なぜなら精神科での診察は、出てきている「症状」に基づいて「診断」をし、薬を処方する「医療モデル」と呼ばれるフレームワークで各病気にアプローチするからです。

するとどうなるか?

悩みや症状の根本部分には全く着目せず(着目できず)表に出ている「症状」だけで、例えばうつとか不安障害といった診断名がついてしまいます。

しかし散々説明している通り、HSPは生まれ持った気質と言う根本要因があって、言わばその気質の暴走(崩れたバランスによる過剰反応)によって悩みや問題が起きているものなんですね。

例えるなら、

種や根っこが気質、伸びてくる茎や幹が性格、そこから延びる葉や花が様々な症状

といった所です。

いち民間のセラピストでも辿り着く単純な構造が、優秀であるはずの医療モデルでは到達できない・・・。

それが現状なんです。

その「症状」は病ではない

勿論、HSPが土台となり、いわば2次障害のような形でうつやパニック障がい等が起きるケースはありますが、それであっても悩みの症状はあくまで結果であって、そこが本体ではないんですね。

単に症状ごとにタグ付されたに過ぎず、それによる診断名や、それに基づいて治療しようと薬を処方されても根本解決には至らない・・・。

当然の事ながら、心療内科等で診断書を書いて欲しいとリクエストしても、「HSPである事」の診断書は出ませんので注意が必要です。

HSPは医療モデルでは対処できません

一例を挙げると、社会不安障害という診断名が付いた場合、不安症の部分だけで薬が処方されてしまう。

そして根本部分はそのままに、表面に出てきている症状を形だけ抑えようとする。

これが医療モデルに基づく「治療」です。

現に、精神科に行った事で診断名が付き、薬が処方され「精神病患者」になってしまい、薬漬けになってしまうといった笑えない話は幾らでもあります。(そしてそれは精神科医からも警鐘が鳴らされています)

精神科医や心療内科医が話を聞くのは、症状を分析し病名を確定させ、薬を処方する為だから。

本来、HSP由来の悩みとして対処していくべきケースにおいても、もし医療機関にかかってしまうと、その時点で出てきている「症状」だけを診て、うつなどと診断されてしまう・・・。

これは、歯が痛いと歯医者に行ったのに、根本の虫歯治療はせずに「歯が痛い」という言葉だけをもとに痛み止めの薬だけをもらって飲み続ける様なもの・・・。

ただしこれは、その医師のやり方や医療モデルが悪いのではなく、少なくともHSP由来の様々な心の悩みには医療モデルという枠組みでは有効に対処できないというだけの事なんです。

このモデルでのアプローチの限界な訳ですね。

(勿論、実際に精神医療でとても有効に治療できる精神疾患もありますから、あくまでもHSP気質由来の悩みや問題限定で考えて下さい)

関連ページ

hspは発達障害(ASD,ADHD)と誤診される事があります

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさを解消します。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。