hspを治療する、治すという考えは間違いです

HSP由来の悩みを「治す」という観点で取り除いたりする事はできません

HSPはあなたの元々の気質であるが故、気質事態は勿論、気質由来の悩みを「治療する」「治す」事を目指しても、その根本を変える事はできませんから、結果も芳しくありません。

治そうとする行為があなた自身を否定している事に繋がるからです。

(だから精神科等へ行って処方された薬を服用しても、悪くなる事はあっても良くなる事はないんです。

『HSP=根本の気質=あなた自身』という事を忘れないで下さい。

良かれと思って行なう、治すとか治療するといった行為が、HSP由来の悩みの場合は自己否定となり、より状況を悪化させていってしまいます。

自己否定の先に状況の改善はありません。

HSPの場合、やるべき事は敏感に反応してしまっている気質の状態を鎮めてあげる事。

具体的には、気質を司る(というか、気質そのものである)潜在意識を、まずはあなた本来の状態にダイレクトに書き換え、その状態をキープしていく事。

その状態から更にプラスに向かって少しずつ書き換えていく結果として、悩みが軽減していったり、消えていったりしていきます。

(これが自己否定の軽減から自己肯定感の向上に繋がり、セルフイメージが好転するという事)

治そうとする訳でなく、まずはバランスを崩した気質を整えてあげるという視点が必要なんですよ。

参考ページ

HSPによる悩みでは精神科に行ってはダメです

HSP由来の悩みは、改善⇒克服していけます

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさを解消します。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。