HSPと慢性疲労について

疲れやすい、慢性疲労を感じやすいhspの人は多い

今日現在までのスポーツ医学の発展により、

  • 疲れやすい
  • 疲れがとれない

などの、いわゆる「慢性疲労」は、そのほとんどが実は体が疲れて感じているものではなく、気の張りつめ過ぎによって神経と脳の連携が崩れる事で起こる、脳の疲れである事が分かっています。

要は、神経の使い過ぎによる精神的疲労、ストレスによる脳の疲労を肉体的な疲労として感じてしまっているんですね。

勿論この統計はhspを対象として調査されたものではなく、hspでない人も含まれていますが、非hspですら精神的な疲労を感じるのですから、より潜在で敏感な気質を持つhspの人が、ストレスや刺激に対してより強い疲労を感じてしまうのはある意味当然の事でしょう。

カウンセリングを行ってきて、「疲れやすい」「慢性的な疲労感を感じている」と仰られるhspの方はかなり多いですが(逆にhspの人で疲れ知らずという人には未だ出会った事がありません)、これは単に体力の問題やヤル気の問題ではなく、気を使いすぎてしまう事による生理的な現象だと捉える事ができます。

 

あなたもこう変わります

セッションをうける前は「私は一生このままなんだろうな…」と沈んだ気持ちで毎日を過ごしていました。問題の7、8割は改善されたと感じています。

自分で言い聞かせてきたことで得られる効果と、明らかに違う効果を感じました。

ゆうすけさんのセッションは明らかに効果があって、(個別的な事情の為、私、ゆうすけの方で削除)あまりに全てがいっぺんにやってきたのでビックリでした。

何かが外れたような気持ちになり、心が軽くなりました。なにか行動をするのにも自然でいられます。

「人間レベルの低い人達に関わってる場合じゃない。私はこれから人間レベルを上げ、輝いた人になるんだ」と言う思いが湧いてきてワクワクしてきます。

本当に?って自分でも不思議です。

今後自分がどのように変わって行くのか、今私は、進むべき道を歩き始めている気がして楽しい気分です。

あんなに何とかしたかったのにこんなに簡単に変化が起きるんですね。不思議です!ありがとうございました!!

クライアントさんから頂いた声

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。

生きづらさ解消プロトコルについて

セッション方法・メニュー・料金のご案内