コア・メンタルブロック徹底解除プログラム

心の奥底に潜んでいる、根っことなっているブロックだけを集中して狙い撃ちする

メンタルブロックは多重構造になっており、通常、表層にあるブロックから順に特定し解除していく事で、自覚の無い隠れたブロックやその奥に潜んでいる「表層のブロックの根っこになっているブロック=コアメンタルブロック」が露わになってきます。

例えるなら、玉ねぎの皮を外側から順に剥いていくイメージ。

なので、コアメンタルブロックを見つけるにはあなたから詳しくお話を伺って特定していかなければいけませんが、私はこれまでの経験から、コアブロックとして働く潜在意識の信念をリストアップしてまとめました。

その為、深いレベルでブロック解除を受けたいが、

  • 自分の事情や悩みを話すのに抵抗がある。
  • 自分の悩みの根幹に関わっていそうだが、どうしても話せないエピソードがある。
  • 一定の所までは話せるが、そこから先の深い部分を話すのに抵抗がある。
  • 極力早くコアブロックにアプローチしたい。

こうした方向けに私が作成したコアブロックリストを用いて、ダイレクトにコアブロックにアプローチしていきます。

このプログラムの概要・進め方

コアブロックに限らず、その人の中にあるメンタルブロックは同じ様な悩みであってもそれぞれ異なり、通常はその人ごとにブロックを特定していく必要があります。

ただしコアブロックの場合、根っことして働くレベルの信念なので、例えば「自分には価値がない」「自分は愛されない」等、セルフイメージレベルの信念を含めても、表層のブロックほど個人ごとの細かなバリエーションがないのも事実。

そこで、多少のロス(無駄)は覚悟の上で、「リストアップしてあるブロックがあなたの中に全て有る」との仮定で解除ワークを施していき、コアブロックをしっかり外していこうというのがこのプログラムです。

進め方はリストにあるブロックを順に解除していくという、特にそれ以外の細かな説明はない位シンプルなものです。

注意点としては、コアブロックは根っこにあるブロックでかつ隠れているものなので、自覚がないものがほとんどです。その為、「こんなブロック自分にあるのかな?」と思われるものも多くあるでしょうが、それらも含めて書き換えワークを施していきます。

このプログラムに関してよくあるご質問

リストを全て当たるという事は、自分の中にブロックがない場合も解除ワークを受けるという事になりますよね?

その場合、より悪くなったりしませんか?無駄じゃありませんか?

まず、悪くなる事はありません。

仮に当該ブロックがあなたの中になかった場合に書き換えすると、言わばコーティングされる様なイメージでブロックがより出来にくくなります。

(因みに、コアブロックはおおむね根深いものが多いんですが、その根深さにも程度があって、がっつりコアブロックとして存在してしまっているものから、まだそこまで行ってないものまであり、そういう意味で軽めのものは早い段階で書き換えておくと楽にあなた本来の最適な状態に戻せるのです)

無駄にならないか?というご質問に関しては、「深い事情を話したくない」等の事情でコアブロックを探るステップを飛ばす訳ですから、ある程度はやむを得ないでしょう。

(無駄なく受けたい場合は、通常のメンタルブロックプログラムをお受け頂ければと思います)

尚、コアブロックはバリエーションが多くないとはいえ、そこそこの数にはなるので、最低でも6回程度のセッション回数は必要になります。

このプログラムをご希望の方へ

このプログラムはマンツーマンの個人セッションという形にて実施していますので、ご希望の方はセッション案内ページより、方法、お申し込みの流れ等をご確認の上でご連絡下さい。

セッション案内ページはこちら