いじめられた経験が引き起こす根深い生きづらさ

幼少期のいじめやいじりが自己評価に強烈な悪影響を与える

生きづらさと自己評価は明確な相関関係があります。

自己肯定感を持てない位だったらまだ良くて、ほとんどの場合、強い自己否定を持ってしまっている(自己否定を作られてしまっている)のが現状です。

その自己評価に悪影響を与えるのが幼少期の受けるいじめやいじりなんですよ。

過去の経験が現在も足を引っ張り続ける

生きづらさを生み出す様々な要因の中でも「いじめ、いじり」による影響は1~2位を争う激烈さであると断言できます。(いじめいじりか、毒親ですね)

それは何故か?と言うと、いじめられた経験自体は遠い過去のものであっても、それに対処して浄化(心のレベルでのクリアリング)をしない限り、その経験はあなたの中で現在進行形で生き続け、現在も影響を及ぼし続ける為です。

それにより「自己評価」に悪影響が生じ、自分本来の姿で他人と接する事ができなくなってしまうのです。

自分本来の姿を出せない事により、恋愛結婚を含む人間関係の構築や他者との接し方のパターン(心の反応パターン)に悪影響が出ます。

例えば人と接する際に

心身ともにナチュラルに緊張してしまう。
どうしてもよそよしくなってしまう。
頭が真っ白になってしまう。
笑顔を見せられなくなってしまう。

など、どんなに自分で決意しても自然体で接する事ができなくなってしまう。本来の自分が出せなくなり(出すのが怖くなり)、それが更なる悪循環の流れを作り出していってしまうんですね。

でも大丈夫、いじめに基づく生きづらさは解消できます

今現在もあなたの中で生き続けるいじめられた経験及び、それによって潜在意識の中に入ってしまったネガティブな信念を浄化(潜在意識を書き換え、新年を無効化し)そこから更に推進力に変えていく事ができるんです。

簡単に打ち明けられたり、相談できる内容ではない事は承知していますが、生きづらさ解消は早ければ早いほど良いです。

少しでも余力がある内に解消させ、自分本来の人生を生きていけるよう変えていきましょう。

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。