自分にメンタルブロックがあるかどうかの見分け方

あなたがいま苦しければメンタルブロックがあります

メンタルブロックや潜在意識内の信念について、たまに頂く質問があります。

自分が苦しくなければ、例えば「自分は愛されない※」と潜在意識内に隠れた信念があっても、それは何の問題もないんですか?

※自分は愛されない は、メンタルブロックを構成する代表的な潜在意識内の信念の1つです。

お答えします。

問題がない訳ではありません。が、まず基準にすべきは本人なのです。

セラピストとして意見を言わせて頂くならば「当然、良い訳はありません」でも、本人がその事についてツラくなければ(またはそれを変えようと思っていなければ)それはそのままでいいんです。

本人の意識に反して他人が変えてあげようとする事はできませんし、実際に変える事もできません。

変わる為の第一歩は、本人が気づく事。そして変えたいと思う事です。

判断基準とタイミングは、今、苦しいかどうか?

本人が気づいていなくとも、変えようと思っていなくとも、「今苦しい、辛い」ならば変えるタイミングです。

実際に今苦しい、辛いならば、確実にあなたの中にメンタルブロックがある事を示しています。

つまり、あなたの中で(あなたは気づいていないけれど)密かに不一致が起きているんですね。不一致が起きているから苦しい。

(自分の中に「愛されない」という信念があるから苦しいのではありません。その信念と顕在意識上の考えが一致していないから苦しいのです)

その苦しさを解消する為に行うのが顕在意識と潜在意識の一致でありメンタルブロックの解除です。

その結果として苦しさが解消される(現実として悩みや問題が解消される)、更には目標や願望といった部分に届いていく事になります。

 

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。

生きづらさ解消プロトコルについて

セッション方法・メニュー・料金のご案内