大人の発達障害グレーゾーンについて

大人の発達障害と聞くと「大人になってから症状を発症した。つまり、大人になってから発達障害になった」と誤解される方も多いですが、実はそうではありません。

発達障害(その中でも当サイトで扱うADHD、ASD)はHSPと同様、生まれ持ったもので、後天的になるものではありません。

では「大人の発達障害」とは何を指すのか?

それは、親元を離れたり社会人になったタイミングで、これまで目立たなかった「自身の特徴や気質」の適応に不具合が出てくる。

社会との不適応が顕在化して、周囲に「発覚」するイメージ。

発達障害に「なる」のではなく「気付く」訳ですね。

発達障害グレーゾーンとは?

発達障害グレーゾーンとは、

本人が生きづらさを抱えながらも医学的な基準では「発達障害である」と明確に診断が為されず、「発達障害のケがあります」「グレーゾーンですね」と言われるだけである意味では宙ぶらりんになってしまっている。

(例えば、心理テストで8点取れば発達障害という診断が下される所、一般の人は1~2点程度に対し、5~6点あるようなケース)

そんなレベルの方を指します。

その中でも当サイトが言う大人の発達障害グレーゾーンは、学術的に正確な表現ではないですが、

  • ADHDボーダー(ADHDグレーゾーン)
  • 隠れアスペルガー

この2つです。