食べたいからストレスを理由にして食べてるんですよね?

僕らは奇跡でできている第2話より

焼肉屋にて、偶然隣同士になった相河と育美の会話です。

相「先生だって食べてるじゃないですか?」

育「はい。でも、ストレス解消ですから」

相「食べたいから食べてるんですよね?」

育「だから、ストレス解消です」

相「食べたいからストレスを理由にして食べてるんですよね?」

育「違います。ストレスを解消したいから食べてるんです・・・どっちでも良いんですけど」

本当に「どっちでも良い」つまり、どちらの言い回しでも同じなのでしょうか??

ゆうすけ的補足解説

自分がやりたい事、やっている事の「動機」や「決定のプロセス」を責任転嫁する形でごまかす人って珍しくありません。

食べたいから食べる。

やりたいからやる。

本当の姿はシンプルです。

でも、それが自分の真の意志ではなく、「しょうがないから」「~だから」などといって、自分の責任に基づく選択ではないと言い訳する・・・。

これ。実は、自己肯定感が低い(または隠れた自己否定がある)方に多い言動です。

自己肯定感の低い人が持つ、罪悪感(後ろめたさ)、コンプレックス、恐怖心によるものなんですね。

自分の選択や決定が周りからどう見られるか?批判されないか?責められないか?そうした事を無意識レベルで常に警戒しており、そのせいで自分の本音、本当の感情が出せなくなってしまう・・・。

(これがエスカレートすると、自分の本当の感情が自分でも分からなくなってきます)

育美は、焼肉屋で肉をたくさん食べるという行動の、どんな所にどんな?罪悪感(後ろめたさ)を抱いているんでしょうか?

そして、もしあなたが何かをやりたい(または既にやっている)が、その事を素直に「自分がやりたいから」と表明できない場合、それをやるという事について、どんな罪悪感、後ろめたさを誰に感じているんでしょうか?

 

あなたもこう変わります

セッションをうける前は「私は一生このままなんだろうな…」と沈んだ気持ちで毎日を過ごしていました。問題の7、8割は改善されたと感じています。

自分で言い聞かせてきたことで得られる効果と、明らかに違う効果を感じました。

ゆうすけさんのセッションは明らかに効果があって、(個別的な事情の為、私、ゆうすけの方で削除)あまりに全てがいっぺんにやってきたのでビックリでした。

何かが外れたような気持ちになり、心が軽くなりました。なにか行動をするのにも自然でいられます。

「人間レベルの低い人達に関わってる場合じゃない。私はこれから人間レベルを上げ、輝いた人になるんだ」と言う思いが湧いてきてワクワクしてきます。

本当に?って自分でも不思議です。

今後自分がどのように変わって行くのか、今私は、進むべき道を歩き始めている気がして楽しい気分です。

あんなに何とかしたかったのにこんなに簡単に変化が起きるんですね。不思議です!ありがとうございました!!

クライアントさんから頂いた声

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。

生きづらさ解消プロトコルについて

セッション方法・メニュー・料金のご案内