様々な勉強を一生懸命しているのに結果が伴わない理由

あなたが能力や実力をアップできない、変化できないのは何故か?

自分を変えようと様々なセミナーに行き、ハウツー本も読み、色々な知識も身に付けたのに、中々変われない。

行動できない、知識を活かせない、根底から変わる事が出来ない、勉強だけで終わってしまう人。

いますでしょ~?

その理由は何だと思います?

それは、枝葉のテクニックにとらわれてしまい、それを集めるだけで何かが変わると誤解していたり、集めるだけに終始してしまうから。

いつの間にか目的がすり替わり、そこで満足して完結してしまうんですね。

自分を変える『何か本質的なもの』がまず真ん中にある事を忘れちゃいけません。

ここが自分自身の源。樹で言えば根っこ。

ここを大事にすると、幹が大きく太く伸びてくる様に、ぶれない生き方が出来てきます。

逆に大事にしなければ、芽が出ない、方法を間違えれば腐る・・・。

そして一番先端に伸びてくる枝や葉っぱ、表に出てきている一番見えやすい部分。これは枝葉という言葉通り、単なる上っ面の表現程度のものに過ぎません。(その人に現われてくる言葉や行動などです)

様々なハウツーやノウハウもここに該当する訳ですよ。だから、人によっていろいろ言う事が違うでしょ?

根っこ(イメージとしては種や球根の方が分かり易いかも)に一番大切な自分の本質的なものがあって、そこへ到達する為に葉っぱから伝って行く。

最終的に根っこに行き着かなきゃ意味が無いのに、表面的なノウハウだけをありがたがって

「どうだ、これだけたくさん葉っぱ集めたぞ」

なんてやってしまう。

大事にするところが違うんですよ。

葉っぱ集めが半ば目的化してしまっているから、そこから先に進んでいかなくなる。立派なノウハウコレクターの完成です。

ビジネスノウハウ、ライフハックテクニック、全部枝葉です

一つの樹に茂る葉っぱが沢山ある様に、根っこに到達するノウハウの表現方法、伝え方、伝わり方も千差万別。

要は「教え」「ノウハウ」「テクニック」なんてのはそんな程度のもので、それ自体に絶対的な内容や価値、作用性がある訳じゃない。

つまるところ、教えを杓子定規に真に受ける必要はないんです。

表現方法が沢山ある程度のものであるにもかからわず、あれもこれもと沢山の葉っぱ集めをしてしまう・・・。

こうした行動に意味はほとんど無いんだと気が付かなきゃいけませんね。

葉っぱや枝を伝って幹に行き、根っこの部分にある「何か」に気が付く。その為のプロセスにすぎないノウハウそのものを必要以上に重要視しない。

これが肝心です。

投稿者プロフィール

ゆうすけ
ゆうすけ潜在意識とメンタルブロックの専門家
大学在学中に行政書士資格を取得し、卒業を待たずに事務所を開業。

業務を行う傍ら、2013年頃より、元々は自分の為に学んだ「心理療法、催眠療法、ヒーリングワーク、エネルギーセラピー」等、複数の領域に渡るメンタルワーク手法を掛け合わせ、潜在意識とメンタルブロックの観点から、今まで様々な方法を試しても変わらなかったり変化があってもすぐ元に戻ってしまった状況の好転に特化したセッションを行う。

詳しいプロフィールはこちらから