僕が喜んでます

僕らは奇跡でできている第2話より

大学研究室にて、主人公相河と樫木准教授、鮫島教授の会話です。

(相:相河、樫:樫野木、鮫:鮫島教授)

樫「フィールドワークなんてね、誰も喜ばないよ」

相「僕が喜んでます」

鮫「フィールドワーク?」

相「はい」

鮫「人気ないんだよねぇ~」

樫「いやそうなんですよねー」

鮫「行ってきてよ、ワイワイ楽しくさ」

樫「・・・・・」

ゆうすけ的補足解説

「誰かを喜ばせたい」そこから派生して「良い評価をしてもらいたい」と思う事はある意味自然です。

でも、自分がした事に対して、それをどう評価するかは相手の自由なんですよね。

例えば、あなたがどんなに相手の事を考え(または相手から評価を受けようと)一生懸命頑張ったとしても、相手がそれに興味がなければ良い評価はもらえません。

逆に、あなたは特別一生懸命頑張っている自覚はなくて普段通りやっている事でも、相手がそれを欲していてくれたら計らずも大変な評価を受ける訳で。

そういう事を考えるにつき、たとえその時は人気がなくても、評価を受けていなくても自分がやりたいんだったらやるしかないなとつくづく感じます。

こういう事を言うと、評価を得る為に自分を犠牲にして何が悪いんだという人がいます。

別に悪くありません。それが自分の選択なら。

でも、一度評価を得てそれで終わりなんでしょうか?人生はその先も続きますよね?

そして多分そういう人は、これから先も評価を得たいと思っているのでしょう。

自分を偽って評価を得て、更にその先も得続けるならば、得続けようとする間は自分を偽り続けなければいけません。

それで良いんでしょうか?(あなたが良いと言うなら良いんです)

でも立場的に私はセラピスト・カウンセラーとして、そういうガマンをして心身の体調を崩してしまった人(例えばうつとかパニック症とか)、良く見ててきてますよ~。

 

あなたもこう変わります

セッションをうける前は「私は一生このままなんだろうな…」と沈んだ気持ちで毎日を過ごしていました。問題の7、8割は改善されたと感じています。

自分で言い聞かせてきたことで得られる効果と、明らかに違う効果を感じました。

ゆうすけさんのセッションは明らかに効果があって、(個別的な事情の為、私、ゆうすけの方で削除)あまりに全てがいっぺんにやってきたのでビックリでした。

何かが外れたような気持ちになり、心が軽くなりました。なにか行動をするのにも自然でいられます。

「人間レベルの低い人達に関わってる場合じゃない。私はこれから人間レベルを上げ、輝いた人になるんだ」と言う思いが湧いてきてワクワクしてきます。

本当に?って自分でも不思議です。

今後自分がどのように変わって行くのか、今私は、進むべき道を歩き始めている気がして楽しい気分です。

あんなに何とかしたかったのにこんなに簡単に変化が起きるんですね。不思議です!ありがとうございました!!

クライアントさんから頂いた声

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさ、解消しましょう。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。

生きづらさ解消プロトコルについて

セッション方法・メニュー・料金のご案内