自分はHSPでしょうか?といった類のご相談に関して

自分はHSPなのか?HSPでなければセラピーは受けられないか?(効果がないか?)というご相談について

私は『HSP相談ブログ』にてHSPに関する無料相談をやっていたんですが(オープンな場で無料レベルのやり取りでできる程度の内容ではやる意味が無い、効果がないと判断し止めました)、よくあるご相談として、

私はHSPでしょうか?

HSPかどうか確証がないんですが、カウンセリングを受けられますか?もしHSPでなければ効果はないでしょうか?

という趣旨のものがあります。

私はHSPなのでしょうか?

hspであるかどうかは、その判断をする為のページが以下にありますので、そちらをご参照の上で判断されて下さい。

参考ページ

それを読んだ上でも「自分がhspか分からない」「踏み込んだ個別的な判断をしてほしい」場合は、ご自身の悩みの状況等から個別に判断しやり取りを行うメール相談【hspメール相談】をご利用下さい。

参考ページ

HSPである確証はないですがカウンセリングを受ける意味はありますか?HSPでないと効果は出ませんか?

これについても悩んでいるなら(そしてそこから変わっていきたいなら)カウンセリングを受ける意味があります。

(実際、hspかな?と考える時点でその気はあると思っていいでしょう。全くかすりもしなければ、そもそもHSPかな?と悩む事自体がないので)

hspに向けたセラピーの進め方はありますが、に対応しているカウンセリングって、基礎的なカウンセリングの上に+αで乗っかっているイメージなんです。ですから、hspじゃないと対応できないとか効果がないといった事はあり得ないからです。

ブレーキを解除するのとアクセルを踏むのとでは勝手が違う

もういいかげん、生きづらさは解消しましょう。

毒親からの精神的な支配、アダルトチルドレンや愛着障害による対人関係の悩み、生まれ持った気質との付き合い方、いじめやいじりによる自己否定etc..

あなた特有の要因に基づく生きづらさを解消します。

自分本来の価値観と姿を取り戻し、自分の人生を生きる方向へシフトチェンジしたい方へ。

生きづらさ解消プロトコルによる個人セッションでは、あなたの生きづらさの原因を特定し、原因へのアプローチと今感じている悩みへの同時アプローチで「これ以上ムリする事なく、自然体のまま」生きづらさを解消していく事ができます。