敏感すぎる自分を好きになれる本

敏感すぎる自分を好きになれる本(長沼睦雄 著)

S級

イルセ氏の本(こちらで紹介)に比べて研究論文の紹介が省かれ、より一般向けの読み易い内容になっています。

HSPの特徴だけでなく、基本となる対処法、心構えなども漏れなく記載されている万能本です。

(ただし、対処法に関してはあくまでも基本レベルのものに留まっており、この1冊でオールクリアとはいかないように思います。あくまで知識本として読むのをお勧めします)

尚、この本の著者である長沼氏はHSPに関する書籍を複数執筆されており、例えばこの本の後に出された「大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋」などはHSPの解説よりも対処法にウェイトが置かれていたりします。

amazonの紹介ページはこちら

投稿者プロフィール

ゆうすけ
ゆうすけ潜在意識とメンタルブロックの専門家
大学在学中に行政書士資格を取得し、卒業を待たずに事務所を開業。

業務を行う傍ら、2013年頃より、元々は自分の為に学んだ「心理療法、催眠療法、ヒーリングワーク、エネルギーセラピー」等、複数の領域に渡るメンタルワーク手法を掛け合わせ、潜在意識とメンタルブロックの観点から、今まで様々な方法を試しても変わらなかったり変化があってもすぐ元に戻ってしまった状況の好転に特化したセッションを行う。

詳しいプロフィールはこちらから